びっくり小籠包のゆるゆる日記

いろんな国に行きたいけど有給とお金が追い付かないOL。旅人になりたい旅行者。中国語勉強中。

【マレーシア・シンガポール旅行】④バトゥ洞窟とプトラジャヤ観光

スポンサーリンク

こんにちは、みどりです。

マレーシアではまずバトゥ洞窟とプトラジャヤへ行きました〜。

どちらも素晴らしかったですよ!

①バトゥ洞窟

f:id:Meishu0202:20180902171818j:image

バトゥ洞窟はヒンドゥー教の聖地で、KL Sentral駅からKTMコミューターで直通で行けます。

KTMコミューターは窓口で切符(トークン)を買うこともできますが、「自販機で買って〜」と言われたので今回は自販機で買いました。自販機は「COINS ONLY」とか表示されてることもあるので、紙幣しかない場合は窓口に行けばいいってことなのかな。。

 

3番ホームへ降り、電車を待ちます。

マレーシアにも女性専用車両があります。日本とは異なり、一日中女性専用車両になっているようです。
f:id:Meishu0202:20180902172417j:image

電車来ました〜!
f:id:Meishu0202:20180902172420j:image

乗車時間は30分ほどですが、今回の旅行では行き帰りともに電車の出発が遅れたり、途中で止まったりで結構時間がかかりました。

中はクーラーが効きすぎているくらいで、私は羽織るものが必要でした。

あと謎に割れている窓が多いのが不思議でした😯

f:id:Meishu0202:20180902172812j:image

車内からはバナナが生えているのをよく見かけました。

f:id:Meishu0202:20180902172924j:image

線路沿いに生えているってことは野生なのかな?野生のバナナって美味しいのかな(笑)

駅を出てからバトゥ洞窟まではすぐなので、迷わず行けました。

バトゥ洞窟には有料の洞窟ツアーや神像が飾られた洞窟がありますが、今回は割愛しました。

入り口付近には巨大なハヌマーン像(猿の神様)が!すごい迫力です。

f:id:Meishu0202:20180902173506j:image

これまで訪れた国ではヒンドゥー教の寺院に行ったことがなかったため、独特の装飾に見入ってしまいました!

f:id:Meishu0202:20180902173702j:image

ココナッツやフルーツの売店がいろいろ。

f:id:Meishu0202:20180902173756j:image

わーこれがあのムルガン像!本当に大きいなあ!そして本当に階段多いなあ。。(笑)

ムルガン神は軍隊を操る神様だそうな。f:id:Meishu0202:20180902173806j:image

頑張って階段を登ります。階段は一段ごとの幅が狭く、列ごとに登りか下りか区別されていないようで、結構カオスでした。人とぶつかったり踏み外したりしないよう注意して登りました。

お猿さんが沢山います。
f:id:Meishu0202:20180902173802j:image

こんなに登ってきたんだな〜達成感。f:id:Meishu0202:20180902174032j:image

あいにく中は工事中でした。工事のおじいさんに「中を見るならレンガ持って行ってくれ〜」と言われたので運ぶことに。

f:id:Meishu0202:20180902174502j:image

楽しみにしていた鍾乳洞です!自然の美しさと迫力があります!

差し込む光が美しいです。

f:id:Meishu0202:20180902173809j:image
f:id:Meishu0202:20180902173753j:image

「猿に餌をあげないか?」と話しかけてくる人がいますが、お金を要求されるので気をつけてくださいね。

私にいきなり餌を渡してきた人は人はマレー系の男性でしたが「無料か?」と聞くと「6块(6リンギット)」と中国語で言っていたので断りました。

買うかどうかは委ねてくれたので別に悪い人ではなかったのかも😅

鍾乳洞の中にも神々の像が飾られていました。

f:id:Meishu0202:20180902174603j:image

下りも気をつけて階段を降りました。暑い上に階段の昇り降りが続いたので、水分補給をすることに。

f:id:Meishu0202:20180902174705j:image

この飲み物、あっさり目のスポーツ飲料のような味で炭酸が効いていてとても美味しかったです!

 

バトゥ洞窟からKL Sentralへ戻る列車の数はそこまで多くないため、帰りの時刻表をあらかじめ見ておくことが大切です!

 

プトラジャヤ、プトラモスク

バトゥ洞窟観光を終えてお次はプトラジャヤへ。

f:id:Meishu0202:20180902175533j:image

プトラジャヤ首相官邸や各省庁などの政治機能が集まる都市であり、プトラモスク(ピンクモスク)という美しいモスクのある場所でもあります。

各省庁の建物などをじっくり見たいならツアーやクルーズでいくのが良いと思いますが、今回は結構弾丸ツアーだったので私達はプトラモスクと首相官邸だけ見ました。

プトラモスクへのアクセスは、KL Sentral駅からKLIAトランジットという電車で20分ほどかけてプトラジャヤ&サイバージャヤ駅で降り、タクシーで10分ほどのところになります。

首相官邸はモスクのすぐ隣にあります。

 

モスク付近は日差しを遮るものがあまりなく、とにかく暑いです!

日焼け止め、日傘、サングラスなどなどご自身に合った対策をされると良いかと思います。

プトラモスク横にはフードコートがあるのでそこで昼食にしました。

チキンのスープとミーゴレンとご飯です。私個人的に料理の味はイマイチだったかな😅

f:id:Meishu0202:20180902175444j:image

甘い豆乳ドリンク。
f:id:Meishu0202:20180902175450j:image

でもこのココナッツアイスは美味しかったです!ココナッツミルクの味が濃厚でした〜
f:id:Meishu0202:20180902175446j:image

アイス売り場の店員さんはインド系の人でしたが、中国語で値段を教えてくれて驚きました。

マレーシアは様々な民族の人々が様々な言語を使って生きているんだな〜としみじみ思いました。

フードコート付近からの景色はなかなかよかったです!

f:id:Meishu0202:20180902175438j:image
f:id:Meishu0202:20180902175441j:image

次に首相官邸を見に行きました。見に行くと言っても外から見るだけなのですが、大きくて美しい建物です。みんなこの建物の前で記念写真を撮っていました。
f:id:Meishu0202:20180902175435j:image

いよいよプトラモスクを見学します!プトラモスクは曜日によって開放している時間が異なるので事前に調べる必要があります。

私がモスク周辺に到着した時には礼拝中だったのでミナレットから礼拝への呼びかけの声が流れていました。もちろんその間は観光客は入れないのですが、外から聞くことができたのも面白かったです。

観光客への開放時間になると一斉に観光客が流れ込みすごい行列になるので、その時間より少し前から近くで待機しておくことをお勧めします。

モスクへ入る時にはピンクのガウンを貸し出されます。

f:id:Meishu0202:20180902175936j:image

モスク中同じガウンを着た人だらけになります(笑)

このプトラモスクがわたしにとって初モスク見学だったのですが、こんなに美しいとは〜!

天井の模様は繊細でとても美しいです、見とれてしまいます。。
f:id:Meishu0202:20180902175939j:image

壁面も細かい模様が隅々に描かれていて何度も見てしまいます。

f:id:Meishu0202:20180902175930j:image

見学できる箇所はモスクのごく一部なのですが、ついずっといたくなってしまうような空間です。

世界中いろいろなところから訪問者がいるようです。
f:id:Meishu0202:20180902175933j:image

わたしはイスラム教の教養があるわけではないですが、荘厳な雰囲気に圧倒されました…!

もっと予習して他のモスクにも行って見たいと思いました☺️

 

ではでは〜再见!