びっくり小籠包のゆるゆる日記

いろんな国に行きたいけど有給とお金が追い付かないOL。旅人になりたい旅行者。中国語勉強中。

【ジョージア】トビリシ市内の旧ソ連建築を巡る【Bank of Georgia】

スポンサーリンク

こんにちは、みどりです。

今回はトビリシ市内の旧ソ連建築を少し見て回りました。

 

★前回の記事:【ジョージア】トビリシの温泉Chreli Abanoで体も心もぽかぽかに【オンライン予約可能】 - びっくり小籠包のゆるゆる日記

★今回の旅行のまとめ:コーカサス旅行2019 カテゴリーの記事一覧 - びっくり小籠包のゆるゆる日記

 

f:id:Meishu0202:20191130225758j:image

私は建築についての教養がゼロなので、ユニークな形の建物を見てすげーと言っているだけの記事になってしまいますが、いわゆる観光地以外の街歩き記事として読んでいただけたら嬉しいです。

 

〈目次〉

〈きっかけ〉

今回は下記の記事の建物に興味を持ち、その一部に行くことにしました!

旧グルジアで見つけた謎のソ連建築を追え。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

空の橋|地球の歩き方

 

〈Palace of Ceremony 〉
f:id:Meishu0202:20191130230619j:image

地図:Google マップ

なぜ夜行った。。って自分でも思います。すみません。

中央の塔のようになっている部分の左右は上から見ると渦を巻いたような形になっていて、独特なデザインですよね!

グーグルマップをたどりながらその建物の入り口までたどり着いたのですが、現在私有地になっているようで門番さんが立っていました。

謎のアジア人が、夜、観光地でもなんでもない門の前まで来たので、門番さんにはめっちゃ見られましたが、道間違えちゃったテヘペロという感じでUターンしました。

なので、この写真は建物がある場所の下の道路から撮影しました。

車の往来が多いところなので注意が必要でした。

地下鉄の最寄り駅は300 Aragveli駅です。
f:id:Meishu0202:20191130230715j:image

夜はあまり人気のない道をずっと歩く感じだったので、昼のほうがいいですね(当然)

 

〈サブルタロ地区のマンション群〉

次はこちら、サブルタロ地区のマンション群です。

場所はこちらのサイトの説明がわかりやすかったです。

空の橋|地球の歩き方

橋で繋がれているのが面白いですね。
f:id:Meishu0202:20191130230332j:image

地下鉄第二路線のState University 駅からのんびり徒歩で向かいます。
f:id:Meishu0202:20191130230507j:image

目的地につくまでにも面白い建物がありました。

台形のマンション。

f:id:Meishu0202:20191130230910j:image

駅を出るとなんだか気持ちの良い歩道。
f:id:Meishu0202:20191130231034j:image

新しい建物と古い建物が混在してました。

この建物、ベランダのカスタマイズに個性が出てて面白いです。
f:id:Meishu0202:20191130230950j:image

20分ほど歩いて目的の建物のふもと(?)に到着。

本当に不思議な建物ですね〜。
f:id:Meishu0202:20191130231120j:image

橋を下から眺めてみる
f:id:Meishu0202:20191130231153j:image

個々人がリフォームして面白い感じになってます。日本じゃこういう光景はあまりないですよね。

建築関連の法律も全然違うんでしょうね〜
f:id:Meishu0202:20191130231214j:image

似たようなマンションがちらほら。
f:id:Meishu0202:20191130231251j:image

あまり人気がなかったのですが、公園も。

昔はもっとたくさん人が住んでて子供もたくさんいたんでしょうか。
f:id:Meishu0202:20191130231317j:image

日本の団地と似たセンチメンタルを感じます。

いよいよ近くまでやってきました!
f:id:Meishu0202:20191130231449j:image

どひゃー迫力あります。
f:id:Meishu0202:20191130231516j:image

個性的で古びた建物が、少し不気味な感じもありつつ魅力的です。

てっきり観光客は全然いないものと思っていましたが、私以外にも大っきい一眼レフで撮影しまくる人たちが2組ほどいました。

近くにいた人たちと話してみたらベルギーとオランダからこの建物を見にきたとのこと。

日本での知名度はそこまでない場所ですが、その方たちの周りでは結構有名らしい。

橋を渡っていきます!

f:id:Meishu0202:20191202124150j:image
橋の上からは近隣の建物を見渡すことができます!これまた個性的。
f:id:Meishu0202:20191130232258j:image

実際に来るまで、もう誰も住んでないのかと思ってたのですが(失礼)、まだ現役のマンションでした。なので、静かにささっと回らせていただきました。

たくさんの張り紙。
f:id:Meishu0202:20191130232342j:image

奥の橋も渡っていきます!
f:id:Meishu0202:20191202124354j:image

落書きも結構ある。
f:id:Meishu0202:20191130232554j:image

人が入っていない部屋やエリアも結構ありました。
f:id:Meishu0202:20191130232632j:image

壁の穴の模様も凝ってますね。
f:id:Meishu0202:20191130232700j:image

窓から外を眺める。
f:id:Meishu0202:20191130232738j:image

この建物ができた当時はどんな感じだったのかも気になりますね…!
f:id:Meishu0202:20191130232827j:image

またいい感じの歩道を抜けて駅へ戻ったのでした。
f:id:Meishu0202:20191130232941j:image

この辺りはトビリシ中心部ほどの賑わいはないですが、広くて歩きやすくていいところでした。

いわゆる観光地の混雑が苦手な人でも気持ちよく過ごせるんじゃないでしょうか。

 

〈Bank of Georgia

次はBank of Georgia へ行ってきました!

地図:Google マップ

積み木を交差して重ねてような不思議な建物です。
f:id:Meishu0202:20191130233020j:image

地下鉄Medical University駅から徒歩40分近く。。

わたしは徒歩こだわってたのですが、普通にタクシーで行ってタクシーで帰るのがいいと思いました。理由は後述。

中通りかかった何かの像。
f:id:Meishu0202:20191130233050j:image

入居者が決まってから内装外装していくスタイルなのかな。
f:id:Meishu0202:20191130233142j:image

どことなく東南アジアを一瞬感じる光景。
f:id:Meishu0202:20191130233210j:image

また小さな公園。子供とお母さんが遊んでいて微笑ましかったです。緑が多いのがいいですね。
f:id:Meishu0202:20191130233237j:image

公園を通り過ぎてグーグルマップ通りに歩こうとすると、おじいさんに引き止められました。

お互い何を言っているかわからないものの、おそらくこの先道幅が狭いもしくは歩道がないらしく、ここから降りた方がいいぞと謎の裏道を教えてくれました。
f:id:Meishu0202:20191130233314j:image

進んでみると大きな道路沿いの道なき道へ出ます。。ここ歩いてて大丈夫なのかな。。
f:id:Meishu0202:20191130233457j:image

この道無き道が終わるところで道路を渡ると銀行に到着なのですが、結構車の通りが多く、歩行者が通ることを想定していない感じでした。

多分歩いていく場合他の方向からの行き方があるのかな。少なくとも自分の行き方は正解ではなかったよう。。

安いのでタクシーで来るのが良いかと😂

 

何はともあれ到着。空、建物、国旗、芝が謎に映えています。
f:id:Meishu0202:20191130233540j:image

Bank of Georgia! ジョージアのアルファベットは可愛い形してますね。
f:id:Meishu0202:20191130233726j:image

下から見るとまた迫力があります。
f:id:Meishu0202:20191130233816j:image

ツタが絡まっていて長い時間を感じさせます。

 

だいぶ沢山歩いて疲れたのと、もう来た道(道無き道)を戻りたくなかったので、たまたま近くにいたタクシーに乗りました。

タクシーで来て、少し撮影してまた同じタクシーで帰るというのが一番楽なんじゃないでしょうか。

 

トビリシには旧ソ連建築でなくても面白い形の建物が沢山あります!

新旧のいろいろな建物を見ながら歩くのも楽しいと思います。

 

ではでは再见〜!